大切な赤ちゃんがお腹に宿ったことを知った時、とても幸せな気持ちになります。

そして、お腹の赤ちゃんが元気に育つよう、食事や健康面など今まで以上に気を遣われる人も多いのではないでしょうか。

ところが、妊娠が発覚した妊娠初期はつわりが始まる人が多く、「話には聞いていたけど、ここまで苦しいとは思わなかった」

と思う人もいます。

出産したらしばらくは育児中心の生活になるため、つわりを軽減し、快適なマタニティライフを早く送りたいと思うでしょう。

それではつわりを軽減するにはどのような方法があるのでしょうか。

こればかりは「誰にとっても当てはまる方法」

はなく、非常に個人差があります。

また、先輩ママや自分の母親から「つわりはほとんどなかったし、大変さが分からないんだ」

という言葉に傷つく人もいるでしょう。

しかし、気持ちが落ち込んでいてはせっかくの幸せな出来事も辛い思い出ばかり残ってしまいます。

リラックスし、なるべく苦しくならない方法を見ていきましょう。

つわりを軽減させるには、個人によってそれぞれ方法が違います。

例えば、冷たいもの(アイスや氷)、のどごしの良いもの(そうめんやゼリー)などさっぱりした食べものが良い人もいれば、むしろ揚げ物など味の濃い方が食べられたという人もいます。

また、気持ちをリラックスするために、アロマを焚くのが良いという人もいます。

シトラス系の香りやペパーミントなどのさっぱりした香りが好まれますが、個人差があり、また妊娠したことによって香りへの好みも変わってくる場合があるため、香り選びはその時の体調に合わせましょう。

また、指圧などでもつわりが楽になることがあります。

つわりの症状によっても押すツボが異なるため、自分の体調に合わせて行いましょう。

具合が悪くなった場合は直ちに中止しましょう。

次のリンク先には、つわりを軽減させる方法について様々な情報が掲載されています。

整体、マッサージ、指圧、鍼灸、アロマセラピーや、自宅でできる方法、食事による方法などが紹介されています。

是非一度ご覧ください。

つわりを軽減させる方法を調べる


Comments are closed.